福岡にいるセフレの博多弁が可愛い…。

今回の記事は九州男児的には結構偏った意見の内容になるかもしれない。

しかし、語らずにはいられないから語らせてくれ!それは福岡の博多弁の女の子はやっぱり可愛いという事だ。非常に可愛いんだ。あの可愛さの要因の大きくは博多弁の独特な訛り方によるものだろう。出会い系サイトで福岡のセフレを作ったときにも感じた。セックスや恋愛になるとドキドキするようなセリフを博多弁という変化球で受け取ることになる。まっすぐボールが飛んできているかと思えば思わぬ方向へ変化する。博多弁にはそれくらい威力があるのだ。

もちろんこの博多弁が可愛いという周知の事実を記事に書き起こそうと思った理由はちゃんとある。もちろん出会い系のネットナンパがきっかけだ。九州は一通り出会い系でナンパしまくっているが、福岡は九州で一番美人が多い。だから先月にまた行ってきたのだ。

もちろん博多ラーメンも食べた。相変わらずどこもかしこも、とんこつラーメンしか推していない。美味しいからいいんだが。前、福岡にいたセフレが教えてくれた店も激しくおいしかった。

今回の福岡博多のネットナンパの旅では2泊だった。一体2泊の間に何人の女を抱けるかが俺の課題だ。最低4人以上という設定を決めて博多の旅に挑んだ。使ったのはわくわくメールだ。可愛い子を写真検索したら一番かわいい子が多かったような気がしたからだ。実際は分からないが。まぁでも福岡博多を歩けば美人が目に付く。本当に目に付く。やっぱり目の保養になのだ。俺の天使橋本環奈ちゃんも博多の生まれだ。福岡県の女性の遺伝子に感謝するばかりである。橋本環奈ちゃんに博多弁で告白されたい…。セフレになって欲しい。

しかし、博多弁が可愛いにもかかわらず最近の若い子はテレビの影響か訛りが薄いという問題もある。これは他の県でもいえることだが、昔からの文化が時代の発展にともなっていろんな人がいろんな場所に行くようになり消えかけているという事態である。由々しき事態だ。博多弁はあんなに可愛いのに消えるべきではない。福岡はただでさえ美人が多い場所なのに方言がさらにその美人たちを可愛くしているのは言うまでもない。とにかく博多弁の支援署名活動などがあればまっさきに俺が名乗り出よう。

さて、本題の博多弁の可愛い女の子の話をしよう。今回の福岡の2泊中の最後に出会い系のわくわくメールを通して出会った25歳子だった。彼女はフリーターで2つのバイトを掛け持ちしている。お酒が弱いため夜系では働けなかったから、可愛いのに昼のバイトをしていた。そして出会い系サイトでセフレ活動や援助交際をしているわけだ。

実は今回の博多弁が可愛い女の子とはセフレの約束をかわすことができたのだ。これはセフレ募集掲示板~セックスできる出会い方【Quant-x】の読者さんにも伝えたいことだ。そんなくだらないことでめでたい頭をしてる奴だと思われても別にかまわないが、俺は本当に再び福岡の博多でセフレ出来たことを快挙と思っている。人生の快挙だ。息子に自慢できる。(注:彼女すらいない)

九州を拠点とする俺は各地にできるだけセフレを作る努力をしている、今はまだ熊本と鹿児島と福岡にしかいないが、いずれ九州全地域でセフレを作ってみせる。それにはwebの機能がとても役立っている出会い系サイトでのネットナンパは人生最高の趣味だよ。